2010年6月 6日 (日)

「春との旅」、映画館で予告編を見た時から観ることに
決めていた映画。今日やっとそれを観ることができた。

しかし、この映画を観る意味というものが、その時とは変
わっていた。というのは、先月末に父が他界したからだ。
私の父は74歳で他界したのだが、一番上の孫が21歳。この
映画の主人公である忠夫の孫である春は19歳。境遇は違う
ものの、長男ではないのだが家を継いだところ等、なんだ
か似た状況もあり、なんとなく、父とダブらせながら観る
ことになってしまった。

映画の内容については書かない。テーマそして描写ともに
よい出来なので、映画館で観てほしい。

この映画で感じたこと、それは「絆」。つくる絆と出来る
絆、見える絆と見えない絆、等等。いろいろな絆があるが、
人は何らかの絆を拠り所として生きている。いや、生きた
いと思っているという表現の方が正しいのかもしれない。

そして、その絆の存在に人はいつもは気がついていない。
しかし、無性に確認したくなる時がある。私もそう思って
はいたが、映画で再確認することになった。

私は父の意識があるうちになんとか会えることが出来たが
既に言葉は失っていて、アイコンタクトだけであった。し
かしそこには何とも言えない、暖かいものを感じることが
できた。

母に聞いたのだが、父の最期の言葉はこうだったそうだ。

「飯は食べたのか? そばにいてくれな」

それっきり父は言葉を発することが出来なくなったそう。
傍らで看病する母を労わる気持ちと、自分の素直な気持ち。
これを互いに理解できる、それが絆なのだろうと思う。

映画のエンディングは、予想通りのものであったが、これ
しかないであろうというものでもあった。しかし、絆は確
認できたのだろうと思う。私もそうだったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

映画: Up in the Air :(マイレージ・マイライフ)

息子のこともあり、最近はなんとなく映画を観ていなかったのだが、一段落ついたので映画館へ行ってみた。最近の恐怖系やCG系は好きではないので、昨日選んだのが「Up in the Air」(邦題:マイレージマイライフ)。主演はジョージクルーニ。

この映画のポイントはまさにその「ポイント」なのかなと思った。いわゆるマイレージ、そしてポイントを稼ぐという意味でのポイント、また重要なことという意味でのポイント等等、そんな場面が随所に出てくる。もちろん、ポイントをどうやって稼ぐか等を映画にしたものではない。大切なものはそんなポイントなんかじゃやない、大事なものは計算できるようなものではない、それが言いたい、そういう映画のようだと感じていた。それはほぼ正しかったが、少し違っていた。最後まで観て、そしてエンドロールも終わるころに気がついたが、もう少し深いところまで表現したかったようだ。ポイントを貯めることも実は悪いことではない。それが自分の望むことであり、そして自己の確認になるのであれば。簡単にいえば、人生様々、結局は自分の思うように生きるしかない、そういうことなのであろう。

そういう観点からすると、邦題のマイレージマイライフは不適切。以前から言っているが、キャッチーなタイトルに走る邦題の付与方法はやめてほしい。それに、映画作成者の意図を尊重するということからも、本来の題名をそのまま使うべきである。今回も、「Up in the Air」の方が、当然ながら本当の内容とマッチしている。

最後に、映画の出来としての評価を述べておく。傑作とは言い難く、まあまあの出来、というところかな。ちょっと軽妙に描きすぎているという感じがする。軽くなりすぎているように思えた、そこが惜しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

慰めの報酬

Qos_fankit_300x250_2

久しぶりに、007を見ました。この土日は
先行上映ということで、一般的には今週末か
ら公開のようです。

流石ですね、007。アクションは素晴らしい
出来で、作り物感がなく、リアルな感じがいい
です。本人の体をはった演技の成果でしょうね。

ただ、ちょっと残念なのが、優雅さに欠ける点
です。007といえば英国、英国といえば王室。
どうも、そのような優雅さが少し弱いですね。従
来の007にあったような、アクションと優雅さ
のバランス、これが欲しかった。もっとも、今の
主役のダニエル・クレイグでは難しいかも。彼の
アクションとワイルド感はいいんだけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

映画 : TOKYO !

私もそれほど海外に行った経験があるわけではないが、東京のエネルギーとか雰囲気そして時の流れには、世界的にみても一種異様ともいえるものがあると、日本人てある私でさえ感じていたが、それを映画にしたものがこの作品なのだろう  ・・・・・

続きを読む "映画 : TOKYO !"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

映画 : ダージリン急行

【最大ポイント3倍!17日am9:59迄】「ダージリン急行」オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]

Spritual Journeyを題材にしたロードムービー。そう書くと「なんだ普通の映画か」と思われるだろう。確かにそのとおりなのだが、この映画はそれ以上に面白かった。今年はまだ3月だが、私の2008年の映画ベスト3に入ることは間違いないと予想する ・・・・

続きを読む "映画 : ダージリン急行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

My Loving People : Elizabeth The Golden Age

Elizabeth : The Golden Age 今日見た映画の題名だ。先日のアカデミー賞では衣装デザイン賞をとった作品。確かに衣装は素晴らしかった、というか色の使い方が絶妙だったように思えた。しかし、私にとっては衣装以上にインパクトのあるものがあった。それはエリザベスが語った一言 ”My Loving People” だった ・・・・

続きを読む "My Loving People : Elizabeth The Golden Age"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

映画 : 母べぇ

今年初めての映画は「母べぇ」。山田洋次監督、吉永小百合主演。第2次大戦時に思想背景を理由に父を官憲に捕らえられてしまった一家族を描いた作品だった。内容についてはそれ以上は書かないが、吉永さんが小学生の母親を演じるということで、やや疑問もあったのだが、それは杞憂だった ……

続きを読む "映画 : 母べぇ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

映画 : やわらかい手

来週以降は休日も平日の夜も日程が結構つまっていて、映画を見る時間がとれないかもしれない。ということで、おそらくこの映画が劇場で今年みた最後の映画ということになるだろう。題名は「Irina Palm : やわらかい手」。まだBunkamura ル・シネマでしか上映していないのだが、来年になると徐々に公開されていくようだ。ベルリン映画祭で評価を得たようだが ・・・

続きを読む "映画 : やわらかい手"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

映画 : 4分間のピアニスト

4piano別に洋画が嫌いなわけではないが、どういうわけか邦画が多くなってしまう。しかし先日のことだが、久しぶりに洋画を観た。ドイツで作られたドイツの映画。主役はオーディションで選ばれた新人だそうだが、適役ということもあるのだろうが、これがなかなか上手い ・・・・・

続きを読む "映画 : 4分間のピアニスト"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月28日 (水)

国内映画賞レース

Francisco国内賞レースがスタートしたようで、報知映画賞では、加瀬亮主演の『それでもボクはやってない』がまずは2冠をとったそうだが ・・・

続きを読む "国内映画賞レース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)