2010年11月30日 (火)

スマートフォンに…

つい先日、携帯電話を変えた。

機種変更ではなく、キャリアも変えた。auからドコモへ。

最近のauは先進性に乏しく、自分の論理だけで動き、顧客への視線が欠けているように、私には見える。また、GSMに対応していないことから、海外でのローミングにも弱い。ということで、長年(IDOと呼ばれていたころからユーザ)使っていたauをやめ、ドコモへ。

次は機種選定。私がデジモノ狂であることをご存じの方は、「Galaxyだな」と思われたことであろう。確かに、PDA歴既に20年近いですからね。しかし、意外にも今回購入したのはガラ携帯。F-01C、富士通の最新型。特徴はアクセスポイントモードがあること。これによって、携帯をWiFiルータのように使うことが出来るので、別途契約していたEmobileのWifiが不要となる。持ち物が減る!月々の通信費は金額的には変わらないのだがね。

また、アンドロイドスマートフォンが余りにも発表されすぎること。雨後のタケノコのような状況で、機能や安定性ついても急激に変化している。つまり、今買うことは得策ではない。どっちみちおサイフ対応も、完全な状態は来年の秋までまたなければならない状況のようだし。ということで、アンドロイドスマートフォンを買うことは延期とした。

もう一つ理由がある。それはメモリ容量が少なくとも50Gは欲しいということ。私のiPodTouchは64Gバージョンなのだが、音楽ファイルが50G程入っている。それでもPCに所有しているものから転送するものを選別して減らしているのだ。現状のスマートフォンではこれに対応できない。これも理由の一つ。

最後の理由。それは母親がドコモであること。今年の春に父が他界したためわが母は一人となっている(近隣に私の妹はいるが)。したがって今まで以上に気をつけてあげないといけない。ドコモにはファミリー何とかという割引があって、3等身以内の通話やメールは無料となる。これを利用できること、これも理由の一つ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

Windows7導入とMFCトラブル

あのVAIOは順調に動いていたので不満もなく、カスタマイズもほぼ完了させていた。ところが数日前、Blue-Rayにコピーしたライブを見ようとWinDVDを立ち上げたのだが、ソフトは起動はするものの、Blu-Rayいアクセスしようとするとエラーが発生して、WinDVDが強制終了してしまうと症状が出てしまった。エラーメッセージは「WinDVD MFC Applicationは動作を停止しました」というもの。

自分でもいろいろとやってみたが上手くいかず、ネットで調べても厄介なトラブルであることが解る程度だし、Sonyに問い合わせはしたものの未だに回答もない。しかたないので最後の手段であるリカバリーを実行。勿論、その結果としてWinDVDは問題なく動作した。

しかし、これではカスタマイズが出来ていないので使い物にならない。何が悪さをしたのかを個別に確認しながらのカスタマイズを行った。犯人が判明するまでに2日程要してしまったが、なんとか見つけることはできた。犯人は音楽ファイルを扱う海外製のソフトであった。そのソフトとWinDVDが競合してしまうようなのだ。このソフト、私としては重用しているものなので、使わないわけには行かない。とれる手段としてはデュアルブートにして、一方のパーティションでそのソフトを使用するということが考えられた。

デュアルブートにするべくパーティションを準備し、手持ちのXPをインストールしようとしたのだが、HDDを妙な形で認識してしまう。1TBのディスクで、50Gを新規に割り当てたのだが、一つの130Gのディスクとして認識してしまうのだ。この数字でピンと来るのは、BigDrive対応に対するOSによる制限。そう、私のXPは古くてSP1があたっていないものなので、BigDriveに対応していなかったのである。それに気がつくのに半日かかり、あきらめて重いVistaをインストールした。

ハード的には準備が整ったのだが、ソフト面で問題が発生。Napsterというソフトがあるのだが、これは3台までのPCでの稼働を許可している。新しいPCを導入する場合は、以前のものを削除することが必要になる。なんとなくピンと来た人がいるだろうが、リカバリーをかけてNapsterも再インストールしたため、新たなPCと認識されてしまい、動作ができないのだ。このVaio以外にも既に2台で使用しているので、リカバリー前に認識された状態を削除するしかない。ところが、1週間ほど前に別件でその作業をしていたのだが、それが影響する厄介なルールがNapsterにはもう一つのあったのだ。それは「削除は1カ月に1回」というもの。ということで、ハードと重用しているソフトは準備が出来たものの、Napsterが使えるようになるには後3週間……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

VAIO Media Plus と iTunesの相性

先日購入したVAIOは順調に動いている・・・一部を除いて、というのが昨日までの状況。「一部」とはiTunesの動作のこと。曲を聴く分には何の問題もないのだが、曲のプロパティを開こうとするとやたら時間がかかる。ひどい場合は3分ほどかかることもある。曲の削除等の作業も同じ状況。ここ数日、いろいろと調べていたのだが、つい先程原因判明&対処完了した。

原因は「VAIO Media Plus」という、Windows Media Centerと似ている(その逆という説もあるが)マルチメディアソフトにあった。このソフトは我が家のネットワーク上も含めて、コンテンツをコントロールすることができる。勿論、iTunesもその範囲に入っている。ここに問題が潜んでいたのだ。

Media Plusの設定項目の中に「コンテンツ監視」というものがあり、更にその中の項目に「解析するプレイリスト」というものがある。これにiTunesのチェックボックスがあるのだが、これにチェックを入れるとアウト!、先述のような問題が発生する。

問題が解決したのでネットでいろいろと調べてみると、このMedia Plusはいろいろと問題を引き起こしていたことが解った。iTunes関連でもライブラリを勝手に捨ててしまうというとんでもない問題も引き起こしていたようだ。iPod対WalkMan、それを勘繰ってしまうのは私だけだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

来ました、Wndows7マシン

例の、大ラッキーなPCが我が家に来ました。

P1010164

さっそく立ち上げて、現在は音楽を楽しんでいるところ。

P1010170

やはり、Vistaと違って、Win7は速いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

PC買換え:災い転じて福となす?

最近調子の悪かった我が家のPCが、本格的に不調になってきたのでPCの買い替えをすることにした。PC購入歴が既に30年近い私だが、ここ10年ほどは ショップブランドやベアボーンしか買っていなかった。これらは実に安くて財布の面では助かった。しかし、故障が多かったことも事実。ということで、10年 ぶりに、有名メーカ品を買うことにした。

どうせならということで、最近はやりのディスプレイ一体型に決定。排熱の問題があることは認識しているが、まあ使ってみようという判断。近くの家電量販店で値切り倒して、価格COMの最低価格並みでSonyのVAIO type L VGC-LV52JGBの購入を決定&代金払い込み完了。現品が店にないということで、納入日程を確認して連絡をくれるということで帰宅。

電話がかかってきたのだが、なんだか妙な雰囲気。どうも、既にSonyでは夏モデルであるこの商品の生産をしておらず、その店への納入が今 後ないということのようなのだ。展示品ならあって、更に値引くということなのだがそれは嫌なので断ると、10月に22日(Win7の発売日)に発売になる 秋冬モデルの新製品(同クラスのアップグレード版ですね)を待っていただけるのであれば、追加金なしでお渡しするとの提案。この新製品はまだ一般には公開 されておらずスペックは不明。気になるメインのスペック部分は、確認したところでは確保されているとの回答であったのでその案に乗った。

自宅にはデルのノート(家族用)と出張用のVAIO-Type-Pがあるので、3週間ほどの待ち時間に問題はない。届けられるPCのデザインやスペックが明確ではないので、来て見なければわからないが、災い転じて福となす、になっているかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

デジカメ買い替え

私のデジカメは既に5年くらいはたっていると思う。画素数は6Mで、今や携帯程度のもの。リモコンも利かなくなっていて、そろそろかなとは思っていた。

先日のことだが、奥多摩へツーリングに行った時のこと。途中で、そのデジカメが動作しなくなった。スイッチを入れても、うんともすんとも言わない。非常にレトロではあるが、電子機器には非常に効率的な対処をしてみた。つまり、叩いてみたのだ。結果は予想通り、カメラは正常に動き出した。どこかに接触不良があったということだ。

この種の故障はいつまた発生するかわからない。そして、その時に叩けばまた治るという保証はない。つまり、買い換えるのが最善の手段。決めたら直ぐ動くというのが私の悪い癖。早速、機種選定を進めたが、最終的に今回の対象は「Lumix FT1」となった。手持ちのカメラを3000円で下どってもらって、ポイントを換算して31500円、まあこんなもんだろう。最近のカメラはすごいね、Hi-Visionで動画がとれるし、水中でも撮影できる。次は何が実装されるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

テレビ買い替え

 テレビを買い換える。以前から検討していたのだが、ついに起動した。昨日はその第1のステップである、大型テレビがはいるスペースの確保。リビングのプチリフォームを行ったのだ。狭い部屋なので収納の確保も必須であることから、ちょっと出費は増えるけれど、天井までの作り付けの家具を選択。これで、42インチまでは入る。

 今日は第2弾、今まで使っていたローボードをリサイクルに引き取ってもらう予定。「予定」となっている理由は、リサイクルするだけの価値があるかないかの評価がOKであれば引き取ってもらえる、という話になっているから。まあ、まず大丈夫であろう。大事に使っていたから。

 来週の頭が第3弾、テレビの納入。デジモノ狂の私としては相当悩んだのだが、4倍速に惹かれ、S社のダブルチューナの40インチに決定。まあそれはそれで良いのだが、問題はアンテナ工事。これが結構な出費になりそう。我が家の場合はワンセグが問題なく受信できているので、ブースターは恐らく必要ないだろうが、それでも5万くらいはかかりそうだ。因みに、LANの接続は自力で無線で行う予定。

 残るは、レコーダの選定だが、これは現在のところ未定。もっとも、リンクの容易さの関係から、同社のものを選択することになるであろう。

 最後に、一番大事なこと、お金の確保!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

Windows7

来年の3月1日まで使えるということなので、XPとのデュアルブートでメインマシンにインストールしてみた。もともとVista-Ultimateをインストールしていたのだが、互換性などの課題が多く発生したので使うのをやめて、XPに戻していたマシンだ。

このWindows7のレベルはUltimateと記されているので、製品版になったときには最高位のものとなるのだろう。デスクトップはAeroが使われていることもあり、見た目はVistaとほぼ同じ。多くの機能も同じようだが、感覚的には少し軽くなっているような気がする。気のせいかもしれないけれど。それとコントロールパネル回りが少し変わっていて、ややわかりやすくなっている。重さと共に使い勝手の悪さはVistaの欠点だったからね。互換性ウィザードがやや進歩していることもあり、使いやすくはなっているかもしれない。

今のところ、動かなかったのはUSB-AudioのSoundBlaster-Audigy2-NXのドライバー。インストールができなかった。私のPCのCPUはAMD-Vに対応しているので、WIN-XPモードの利用も可能なので、そのあたりも試してみようと思う。

一言でいうならば、結構使いやすくなっている、というところか。

追伸:

Audigy2のドライバインストールは互換性ウィザードで対応できた。ドライバのインストールなので互換性対応に躊躇したのだが、今のところ動いている。キーボードの早撃ちを行うと音が飛ぶ気がする・・・やはりだめなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

デジモノ病再発

デジタル物が大好きな私ですが、病が再発しました(何度目なのでしょう?)。

出張が多い私ですが、会社から与えられているノートPCはThinkPadX61なのですが、これが意外に重い。しかたないので出張時には私有の工人舎のモバイルPCを持ち出していた。このPCは小さくて、なかなかの出来なのだが一つだけ不満があった。それはタイプ落ちだ。私のタイピングはそれほど速いものではないが、それでもタイプ落ちが発生してしまう。それって、結構鬱陶しいもので、じわじわと嫌気がさしてきていた。

そんなとき、目についたのが、VAIOのTypeP。即座に買ってしまいました。もちろん、タイプの状況は確認してからですよ。今、この記事もそれで書いていますが、タイプに問題はなく、順調に動いております。これから暫くはこいつで行くつもりです。

続きを読む "デジモノ病再発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

なんとか復帰

ご無沙汰しております。本当に、ご無沙汰いたしました。

10月末のこと、我が家のPCが突然にお亡くなりになられ、
我が家は大混乱に。バイクを買ったばかりでもあり、大蔵
省(古いですね)は拠出を渋ったものの、何とか予算獲得
&実行にこぎつけた。しかし、大幅な削減があったため、
相当ランクを落とすことになり、ショップのBTO-PCが選定
された。そのスペックは下記のようなもの。

プロセッサ: AMD Athlon(tm) Dual Core Processor 4850e 5.1
メモリ (RAM): 2.00 GB 5.9
グラフィックス: NVIDIA GeForce 8400 GS 3.6
ゲーム用グラフィックス: 1023 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ 4.6
プライマリ ハード ディスク: 空き 70GB (合計 98GB) 5.8
OS:Windows Vista (TM) Ultimate

最後の数字はVistaのインデックス。ということでこのマシン
の能力は3.6ということになった。

4万円くらいだと、まあこんなものなのであろう。しかし
このマシン、多少問題を抱えている。それは、コールドス
タート時にディスプレイへの出力が出ていないようなのだ。
したがって、起動時にはディスプレイにはNO SIGNALが表示
されている。もう一度起動すると、今度は正常。追加してい
るグラフィックボードが怪しいので、現在買ったお店に確認
中。ということで、現状は電源OFFにはせず、Vistaのサスペ
ンド機能をフル活用。

なにはともあれ、PCが復活して大助かり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧